Author Archive

兼高かおるの前に兼高なし、兼高の後に兼高なし

By |

=「品のある語り」、日本人の伝統美の誇り=  兼高かおるさん(90)が亡くなった(H31・1・5)。昭和34年、TBS系の「兼高かおる世界の旅」に31年間主役で、旅行した距離は地球180周分――。  今でこそネコもシャク…

Read more »

Ⅱ 橋下徹の「政権奪取論」をのぞく 野党は米連邦議会議員の党内予備選挙を導入せよ

By |

=乱立野党の調整に「世論調査」の利用を=  橋下徹氏の著作本「政権奪取論」最終章の第6章「日本の新しい道」で、次のように書いている。  「今の日本で保守とリベラルという区分けは全く無意味であり、あえて政党を区分けするなら…

Read more »

Ⅰ 橋下徹の「政権奪取論」をのぞく ぐうたら野党で維持で驕りの自民政治を生む

By |

=安倍政権の中身ぼろくそだが実行力評価= =国民の望みを「マーケティング」して政策を磨け=   橋下徹・弁護士(元大阪府知事、元大阪市長)が「政権奪取論」(朝日新聞出版)という日本が今、いちばん必要とする本を出版した。 …

Read more »

追悼、ジョージ・ブッシュ大統領

By |

 共和党の大統領、ジョージ・ブッシュ氏が11月30日、死去した。94歳だった。  私が会ったのは平成4年春、ホワイトハウスでの青空記者会見場のローズガーデン(写真)でした。記者会見後、ブッシュ大統領は上機嫌で、私との記念…

Read more »

歴史は繰り返す

By |

=あきれる「政治ごっこ」のオンパレード=  中国の習近平国家主席が米国のトランプ大統領の仕掛けた「貿易戦争」に不利とみたので、手のひらを返したようにして北京で日本の安倍晋三首相に笑顔で擦り寄ってきた(10・27、習~安倍…

Read more »

政治史に残る敗戦後最悪の自民総裁選

By |

=どうにも止まらない与野党の劣化現象=  自民党総裁選が9月7日告示(同20日、投票日)となっていたが、北海道大地震(9・6)のため、安倍晋三首相と石破茂元幹事長の演説会が、同10日から開かれた。  これは、一般の衆参議…

Read more »

日本の侵略戦争は自然の災害じゃない!

By |

=「敗戦」を「終戦」の手品に置き換えて逃げた日本政府=  「この国では、戦争が自然災害のように受け取られて、戦後が始まった。それが今の日本にもつながっている。」(平成27年1月1日 読売)  右の話は、3年前の夏、映画「…

Read more »

新党「国民民主党」に国民は振り向かない!

By |

=戦略家・小沢一郎を欠いた日本政治の損害10兆円=  民進党と希望の党が合流する新党「国民民主党」(国会議員61人)が4月26日の両院議員総会で決定。5月の連休明けにスタートする。  これには同じ釜のメシを喰った野党仲間…

Read more »

民進党代表に前原氏だが「死に体」だ

By |

小沢一郎スカウトが野党のラストチャンス 危機意識欠ける同類項、安倍と前原  都内のホテルで民進党大会(9・1)を開き、前原誠司(元外相)と枝野幸男(元官房長官)の一騎打ちで、予想通り前原氏が民進党代表となった。  前原氏…

Read more »

フリーハンドの安倍首相、米朝の虎に鈴をつけよ

By |

死にもの狂いの「外交」で戦争回避を  今日(9・15)早朝、北朝鮮は北海道上空を飛んで、日高の襟裳岬沖2200キロ地点の太平洋に弾道ミサイルを落下させた。これで6回目だ。  こんなことは、これからひんぱんに日本海、日本列…

Read more »