Author Archive

日本政治に翻弄された拉致事件

By |

=横田滋さん憤死はボタンを掛け違った首相の靖国参拝=  北朝鮮に拉致(=人さらい)された横田めぐみさん(当時13歳)の父、横田滋さんが6月5日に亡くなった。87歳。長女めぐみさんが拉致されてから43年。以来、めぐみさんと…

Read more »

天皇が超法規で「国民協力」を訴えるべし

By |

=コロナ禍は未知に世界の日本第三次戦争=  首相は4月7日夕、「新型コロナ緊急事態宣言」を出した。(この日の宣言まで日本国内の患者は5179人、死者109人)  対象は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府…

Read more »

コロナ空気戦争で地球休戦!

By |

 コロナ伝染病で日本はてんやわんや。いや、世界はもっと伝染病まん延で、大げさかもしれないが地球の存在まで危うい。  日本だけに限ると、今月3月25日だけで伝染病患者41人、同26日だけで47人、同27日だけで63人・・・…

Read more »

男の美学・赤木圭一郎の時代

By |

赤木は海が好きだった。 ヨットに乗ることが大好きだった。 青春時代の夢は船乗りだった。 昭和35年は赤木日活映画の全盛期。 命日には今も女性ファンが墓に献花。 野性の赤木は今も日本人の魂を揺さぶる。  君は赤木圭一郎を知…

Read more »

<令和元年参院選>「N国」と「れいわ」台風の目

By |

=国民そっちのけ野党の火遊び=  参院選(7・21投票日)が終わった。本来なら参院戦でなければならないが、与党の自民・公明は別として、野党のふがいなさが相変わらず鮮明に浮き彫りにされている。  野党には「政治とは戦(いく…

Read more »

日高山脈の麓に土地2万5000坪

By |

=「コンドミニアム・ホテル」や「セカンドハウス」に=  北海道の日高山脈に近い日高町(沙流郡日高町字日高)が私、村井(当新聞編集長)の生まれ故郷。町の中心街に村井家は約2万5000坪の土地を所有。個人住宅地として42軒を…

Read more »

柩を覆っても不変「日本救世主」中曽根康弘さん

By |

 中曽根康弘さんが11月29に死去した。101歳でした。私が毎日新聞記者として最初に配属されたのは群馬県でした。  当時の衆院の旧群馬3区は定数4人区で、自民党は中曽根康弘、福田赳夫、小渕恵三、そして社会党の山口鶴男が指…

Read more »

皇室、家族、LGBT、親族殺人

By |

皇室、家族、LGBT、親族殺人  平成は本年(2019)4月30日で終幕。5月1日から「令和」元年に入り、新旧の天皇が滞(とどこお)りなくバトンタッチされたことは、日本国民の大喜びとする世紀のイベントでした。  毎年、正…

Read more »

日本政治は東京の山手循環線

By |

=その心は同じ円を回って進歩なし=  最近の国会をみると、麻生財務相兼金融相に対する不信任決議案と問責決議案が衆参院で自民、l孔明、維新などの反対多数で否決(6月21日)された。  野党が麻生財務相を吊るしあげたのは、老…

Read more »

日本のトップが阿呆だった太平洋戦争

By |

=日本兵戦死の7割が飢餓死だった= =「財力」なく「情報」怠っては勝ち目なし=  昨年(H30年)春に出版されたものだが、半藤一利著「歴史と戦争」(幻冬舎新書、208頁、780円)──これほど読みやすく、おもしろく、わか…

Read more »